今年、最近亡くなった有名人や芸能人一覧(2024年・令和6年訃報)

芸能人、有名人の死去情報一覧 2024年・令和6年訃報

ここ最近の有名人、芸能人の死去情報をまとめます。

もうお会いできないとなると寂しいものですがこればっかりは仕方がないですね。

直近の情報からまとめていくので少しずつ下がって確認ください。

有名人、芸能人の訃報(2024年5月)

2024年5月の訃報情報は以下の通り。

5月27日

今くるよ
本名:酒井 スエ子(さかい スエこ)
年齢:76歳
死因:膵(すい)がん
職業:漫才
補足:今いくよさん(享年67)と1980年代の漫才ブームをけん引。ふくよかな体から繰り出す「どやさ!」のギャグなどで親しまれた

岡冨 俊一(おかとみ しゅんいち)
年齢:62歳
死因:病気
職業:競馬の騎手、調教助手)
補足:JRA通算2940戦230勝(平地129勝、障害101勝)、うち重賞13勝。03年4月の騎手引退後は調教助手を務めた

ビル・ウォルトン
年齢:71歳
死因:結腸癌
職業:アメリカのバスケットボール選手
補足:UCLA時代に2度全米制覇、1974年のNBAドラフトでポートランド・トレイルブレイザーズから全体1位指名を受けてNBA入り。1977年に初の優勝、1977-78シーズンにはMVPを受賞。キャリア通算では468試合に出場し平均13.3点10.5リバウンドを記録。米バスケットボール殿堂入りしていた

5月26日

ニキータ山下
日本語名:山下 健二(やました けんじ)
年齢:86歳
死因:急性骨髄性白血病
職業:歌手、ロシア語同時通訳者
補足:ロシア歌謡などのコーラスグループ「ロイヤルナイツ」で、テナーやバリトンを担当

5月25日

リチャード・シャーマン
年齢:95歳
死因:加齢による病気
職業:作曲家
補足:兄のロバートさん(12年死去)と共にウォルト・ディズニー社と契約。「メリー・ポピンズ」(64年)などディズニー制作の映画や、娯楽施設ディズニーランドの人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」向けの楽曲などを次々と世に送り出した

グレーソン・マリー
年齢:30歳
死因:自殺
職業:アメリカ人のゴルフ選手
補足:2017年にツアー初タイトルを獲得、2024年1月のソニー・オープンで優勝しツアー2勝していた

ジョニー・ワクター
年齢:37歳
死因:窃盗犯による銃撃
職業:アメリカ人の俳優
補足:米ドラマ「ジェネラル・ホスピタル」や「クリミナル・マインド FBI行動分析課」など多数のドラマに出演していた

5月23日

モーガン・スパーロック
年齢:53歳
死因:癌の合併症
職業:アメリカ人の映画監督
補足:長編ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」をはじめセンセーショナルなドキュメンタリー映画を手掛けてきた

5月22日

真島茂樹
年齢:77歳
死因:虚血性心不全
職業:ダンサー、振付師、歌手
補足:1972年に日劇ダンシングチームに入団。ミュージカルなどの舞台で活躍。2004年に松平の大ヒット曲「マツケンサンバ2」で振り付けを手がけ話題に。NHKの紅白歌合戦にも出演

5月21日

ウェルナー・ヒンク
年齢:81歳
死因:-
職業:オーストリア人のバイオリニスト
補足:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを長く務め、親日家としても知られた

5月19日

エブラーヒーム・ライースィー
年齢:63歳
死因:飛行機の墜落
職業:イランの第8代大統領
補足:2021年8月3日から大統領を務めていた

5月17日

梅津 秀行(うめづ ひでゆき)
年齢:68歳
死因:間質性肺炎
職業:声優
補足:「ハリー・ポッター」シリーズのアーサー・ウィーズリー役や「ガンダム Gのレコンギスタ」ミラジ・バスバロス役、「世界ふしぎ発見!」のナレーションなどを務めた

5月16日

中尾 彬(なかお あきら)
年齢:81歳
死因:心不全
職業:俳優、声優、タレント
補足:映画やドラマ、バラエティーで幅広く活躍。平成の「ゴジラ」シリーズや「極道の妻たち」シリーズなどに出演。テレビではNHKの大河ドラマ「秀吉」(96年)の柴田勝家役、「天地人」(2009年)の毛利輝元役の他、「GTO」(98年)の教頭役など時代劇から現代劇まで幅広く演じた

井川 徳道(いかわ のりみち)
年齢:95歳
死因:老衰
職業:映画美術監督、映画デザイナー)
補足:1958年『江戸の名物男 一心太助 』(沢島忠監督)にて美術デザイナーデビュー。以降、東映を中心に約135本の劇場用映画を担当。1982年に『魔界転生』で日本アカデミー最優秀美術賞受賞、2003年に旭日小綬章受章、2011年に京都府文化功労賞受賞、第47回日本アカデミー賞では会長功労賞を受けた

弥勒 祐徳(みろく すけのり)
年齢:105歳
死因:老衰
職業:画家
補足:100歳を超えても夜神楽や桜などをテーマに描き続けていた。350回を超える個展を開催、県文化賞も受賞

ダブニー・コールマン
年齢:92歳
死因:-
職業:アメリカ人の俳優
補足:「9時から5時まで」のほか、ソープオペラのディレクター、ロン・カーライル役を演じたダスティン・ホフマン主演の1982年作「トッツィー」や「ユー・ガット・メール」といった映画に出演

5月14日

山本海人
年齢:41歳
死因:脳腫瘍
職業:デザイナー、クリエイター
補足:サノバチーズのほか、ホットサンド店の「バイ ミー スタンド(BUY ME STAND)」など幅広く事業を手掛けた

キダ・タロー
本名:木田太良=きだ・たろう
死因:ー
年齢:93歳
職業:作曲家、ピアニスト、タレント、ラジオパーソナリティ
補足:「浪花のモーツァルト」の愛称で親しまれた作曲家。朝日放送「プロポーズ大作戦」「ラブアタック!」などの番組テーマ曲をはじめ、プロ野球阪神の「タイガース音頭」、近鉄の「近鉄バファローズの歌」も制作

5月13日

染井吉乃
年齢:確認中
死因:ー(療養中だったとのこと)
職業:小説家
補足:虹の入江(小学館)、蜜月の条件 嘘つきの恋(徳間書店)などを手掛けた

アリス・マンロー
年齢:92歳
死因:-(認知症で苦しんでいたとのこと)
職業:カナダ人の作家
補足:ノーベル文学賞を2013年に受賞。日本では「イラクサ」「林檎(りんご)の木の下で」「小説のように」などが翻訳されている

トニー・マクファー
年齢:47歳
死因:ー
職業:スタントダブル
補足:映画「ジュラシック・ワールド」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズなどでクリス・プラットのスタントダブルを務めた

5月12日

くぅ
本名:村上蔵馬
年齢:25歳
死因:-
職業:ギター&ボーカル
補足:4人組ロックバンド「NEE」のギター&ボーカル

デビッド・サンボーン
年齢:78歳
死因:前立腺がんによる合併症
職業: サックス、ピアノ奏者
補足:11歳でサックスを始めた。米音楽界最高の栄誉、グラミー賞を6回受賞

5月10日

大西勲(おおにし いさお)
年齢:79歳
死因:肺がん
職業:漆芸家
補足:「きゅう漆(しつ)」の技法を継承。2002年に人間国宝に認定、2015年に旭日小綬章を受章

新宮 康男(しんぐう やすお)
年齢:98歳
死因:老衰
職業:実業家・経営者
補足:日本製鉄名誉顧問

5月9日

ダディ 竹千代(だでぃ たけちよ)
本名:加治木剛
年齢:70歳
死因:慢性心不全急性増悪
職業:ロック・ミュージシャン、音楽プロデューサー
補足:「ダディ竹千代&東京おとぼけCats」で78年にメジャーデビュー。「オールナイトニッポン」でパーソナリティーも

ロジャー・コーマン
年齢:98歳
死因:-
職業:アメリカ人の映画監督
補足:1953年から映画監督・プロデューサー・脚本家などとして活躍し1971年までに1年あたり7本の映画をプロデュース。B級映画の帝王、低予算映画の王者と称された。代表作にアッシャー家の惨劇、恐怖の振子など

5月7日

スティーヴ・アルビニ
年齢:61歳
死因:心臓発作
職業:アメリカ人のレコーディング・エンジニア、ミュージシャン
補足:ニルヴァーナ、ピクシーズ、PJ・ハーヴェイなどのアルバム制作に携わっていた

5月6日

セサル・ルイス・メノッティ
年齢:85歳
死因:-
職業:サッカー選手、監督
補足:1978年FIFAワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表監督を務め、初優勝に導いた

管弘典
年齢:55歳
死因:ー(病気のためとのこと)
職業:ドラマー
補足:壬生狼のドラマー、札幌を拠点に活躍していた

5月5日

清川 栄治(きよかわ えいじ)
年齢:62歳
死因:悪性腫瘍
職業:野球選手
補足:西部、近鉄、広島にてワンポイントリリーフで活躍した左腕投手。引退後はコーチも

バーナード・ヒル
年齢:79歳
死因:-
職業:イギリス人の俳優
補足:映画『タイタニック』のスミス船長役や、映画『ロード・オブ・ザ・リング』のセオデン王役で知られる

5月4日

唐 十郎(から じゅうろう)
本名:大靏 義英(おおつる よしひで)
年齢:84歳
死因:急性硬膜下血腫
職業:俳優、劇作家
補足:演劇界の革命児と呼ばれ「劇団唐組」を主宰

5月3日

愛知 和男(あいち かずお)
年齢:86歳
死因:ー(コロナに感染し入院していたとのこと)
職業:実業家、政治家
補足:元衆院議員、細川内閣で防衛庁長官を務めた

5月2日

小山内 美江子(おさない みえこ)
年齢:94歳
死因:老衰
職業:脚本家
補足:ドラマ「3年B組金八先生」などで知られる

5月1日

小野 員裕(おの かずひろ)
年齢:64歳
死因:心筋梗塞
職業:文筆家、大衆料理研究家
補足:カレー研究家として知られ、横濱カレーミュージアムの初代名誉館長を務めた

奥島 孝康(おくしま たかやす)
年齢:85歳
死因:肺炎
職業:法学者
補足:元早稲田大総長で元日本高野連会長

 

有名人、芸能人の訃報(2024年4月)

2024年4月の訃報情報は以下の通り。

4月30日

今江 冬子(いまえ ふゆこ)
年齢:60歳
死因:ー(数年前から病気療養中だったとのこと)
職業:舞台女優
補足:1993年から「ナイロン100℃」に参加し、2002年の「フローズン・ビーチ」再演まで出演

ポール・オースター
年齢:77歳
死因:肺癌の合併症
職業:小説家、詩人
補足:『ニューヨーク三部作』で有名な米国のベストセラー作家

4月28日

佐々木常夫(ささき つねお)
年齢:79歳
死因:尿管がん
職業:事業家、経営者
補足:1969年東大卒業後に東洋レーヨン(現東レ)に入社し取締役などを歴任。2003年に東レ経営研究所社長に就任

星野 富弘(ほしの とみひろ)
年齢:78歳
死因:呼吸不全
職業:画家
補足:首から下が不自由になってから始めた、口に筆をくわえて書く詩や絵で知られる

4月26日

桂 由美(かつら ゆみ)
年齢:94歳
死因:-
職業:ウエディングドレスデザイナー
補足:礼衣装の主流が和服だった戦後日本にドレススタイルを提案、急速に普及するきっかけをつくった。死去の一週間前にも自身のサロンで接客をしており生涯現役だった

4月23日

笠谷 幸生(かさや ゆきお)
年齢:80歳
死因:虚血性心疾患
職業:スキージャンプ選手
補足:1972年札幌冬季五輪スキー・ジャンプ男子の70メートル級で優勝し日本人で初めて冬季五輪の金メダリストに

4月21日

フジコ・ヘミング
年齢:92歳
死因:すい臓がん
職業:ピアニスト
補足:スウェーデン人の父と日本人ピアニストの母の間に生まれ、東京で育った。「奇蹟のカンパネラ」で知られる

4月19日

粟津 則雄(あわづ のりお)
年齢:96歳
死因:心筋梗塞
職業:フランス文学者、文芸評論家
補足:ランスの詩人、ランボーの研究を早くから進めた。「正岡子規」で亀井勝一郎賞。1993年に紫綬褒章。2010年、「粟津則雄著作集」で第1回鮎川信夫賞特別賞を受賞

4月15日

関 貴昭(せき たかあき)
年齢:54歳
死因:食道がん
職業:俳優、声優
補足:1995年に円演劇研究所に入所し1997年に演劇集団円の会員昇格。NHK大河ドラマ「徳川慶喜」や映画「雨あがる」、舞台「あらしのよるに」「ハムレット」などに出演

REITA(本名:鈴木亮)
年齢:42歳
死因:自殺の可能性
職業など:ベーシスト
補足:the GazettEのベーシスト、LIVE TOUR2022-2023初回限定版など2024年4月17日発売を控えていた

4月14日

中山 徹(なかやま とおる)
年齢:77歳
死因:肺アスペルギルス症(肺炎)
職業など:プロゴルファー
補足:97年シニアツアー賞金王

4月12日

佐川 満男(さがわ みつお)
年齢84歳
死因:胆のう炎
職業:歌手、俳優
補足:名バイプレーヤーとして知られる、NHK連続テレビ小説「おちょやん」などに出演

ロベルト・カヴァリ
年齢:83歳
死因:ー
職業など:イタリア出身ファッションデザイナー

4月11日

村松 康雄(むらまつ やすお)
年齢:91歳
死因:老衰
職業:声優
補足:アニメ「フランダースの犬」のハンス役やCM「明星ラーメン チャルメラ」のチャルメラおじさん役などで知られる

名前:曙 太郎(あけぼの たろう)
年齢:54歳
死因:心不全
職業など:大相撲元横綱、格闘技
補足:横綱在位8年、幕内優勝は11回、大相撲引退後はキックボクシングやプロレスなどにも出場
(4月11日は報道日であり死去日は不明)

植木 繁晴(うえき しげはる)
年齢:69歳
死因:ー
職業など:サッカー選手、監督
補足:平塚、山形、草津で監督などを歴任。現役時代は湘南の前身のフジタ工業サッカー部に所属

サン村田(本名:村田富三郎(むらた とよさぶろう))
年齢:83歳
死因:交通事故
職業など:画家、デザイナー

4月10日

名前:パク・ボラム
年齢:30歳
死因:ー
職業など:韓国人歌手
補足:デビュー曲『可愛くなった』では音源チャート1位にランクインしたことも

O・J・シンプソン
年齢:76歳
死因:ー
職業:アメリカンフットボール選手
補足:プロフットボール殿堂入り、元妻の殺害事件の被告人としても知られる。刑事では無罪だったが民事では賠償命令を受けた

藤岡 康太(ふじおか こうた)
年齢:35歳
死因:落馬による負傷
職業:騎手
補足:G1マイルCSをナミュールで制した。通算803勝

4月9日

屋山 太郎(ややま たろう)
年齢:91歳
死因:肺気腫
職業:政治評論家
補足:日本の保守論壇を代表する論客として活躍、「岸田政権は常に『説明責任』を欠いている」と批判していた

秋山信子(あきやま のぶこ)
年齢:96歳
死因:老衰
職業:人形作家
補足:日本古来の衣装人形をはじめアイヌや朝鮮半島、モンゴルなどの風俗も題材に取り入れて人形を制作。1996年に人間国宝(衣装人形)に認定

4月8日

宗田 理(そうだ おさむ)
年齢:95歳
死因:ー
職業:小説家
補足:人気小説「ぼくらの七日間戦争」などで知られる

ピーター・ヒッグス
年齢:94歳
職業:イギリス人の理論物理学者
補足:万物に質量を与える「ヒッグス粒子」の存在を提唱し、2013年にノーベル物理学賞を受賞。英エディンバラ大名誉教授

4月7日

三遊亭 若圓歌(さんゆうてい わかえんか)
本名:公文治(くもん おさむ)
年齢:77歳
死因:膵臓がん
職業:落語家

亀川 千代(かめかわ ちよ)
年齢:54歳
死因:ー(病院で療養中だった)
職業:ベーシスト、ミュージシャン
補足:元ゆらゆら帝国の中心メンバーでベーシスト、代表曲は「発光体」「夜行性の生き物三匹」など

4月2日

飯田勧(いいだ すすむ)
年齢:96歳
死因:肺炎
職業:実業家、経営者
補足:オーケー会長、創業者

マリーズ・コンデ
年齢:90歳
死因:ー(病院で死去)
職業:フランス人作家
補足:「わたしはティチューバ」などの作品で知られる

ボンテ・デービス
年齢:35歳
死因:ー
職業:元NFL選手(アメフト)
補足:コーナーバック(CB)としてNFLの3チームで通算10シーズンにわたりプレーしていた

有名人、芸能人の訃報(2024年3月)

2024年3月の訃報情報は以下の通り。

3月31日

ロブ・カーマン
年齢:63歳
死因:ー
職業:オランダ人の元キックボクサー)
補足:オランダの伝説的なキックボクサーとして知られる

3月29日

坂巻 哲也(さかまき てつや)
死因:ー(病気療養中だった)
年齢:61歳
職業:カリスマ美容師
・美容院、株式会社apish(アピッシュ)を開業し代表、フジテレビ系バラエティー番組「B.C.ビューティー・コロシアム」などに出演していた人気美容師

舟越 桂(ふなこし かつら)
年齢:72歳
職業:彫刻家
補足:芸術選奨文部科学大臣賞や毎日芸術賞など受賞多数

チャンス・パードモ
年齢:27歳
死因:交通事故(バイク)
職業:アメリカとイギリスの国籍を持つ俳優)
補足:『ジェン・ブイ』のアンドレ・アンダーソン役や『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』のアンブローズ・スペルマン役で知られる

3月28日

さとう わきこ
本名:武井和喜子(たけい・わきこ)
年齢:89歳
死因:大動脈解離
職業:絵本作家
補足:「ばばばあちゃん」シリーズなどで知られる絵本作家

ルイス・ゴセット・ジュニア
年齢:87歳
死因:ー
職業:アメリカの俳優
補足:リチャード・ギア主演作「愛と青春の旅だち」で鬼軍曹役、黒人として初めてアカデミー賞の助演男優賞を獲得

3月27日

ダニエル・カーネマン
年齢:90歳
死因:ー
職業:アメリカとイスラエルの国籍を持つ心理学者)
補足:経済学と認知科学を統合した行動ファイナンス理論及びプロスペクト理論で著名、2002年にはノーベル経済学賞を受賞

ジョー・リーバーマン
年齢:82歳
死因:転倒に伴う合併症
職業:アメリカの政治家
補足:ユダヤ系として初めて民主党の副大統領候補

阿部 雅龍(あべ まさたつ)
年齢:41歳
死因:脳腫瘍
職業:冒険家
補足:日本人で初めてメスナールートと呼ばれる経路で単独で南極点到達を果たした

3月26日

リチャード・セラ
年齢:85歳
死因:肺炎
職業:アメリカ人彫刻家
補足:世界各地にゴム管やネオン管、鉛、鉄を使った「場の彫刻」を発表し話題になった。第6回世界文化賞を受賞

3月25日

雪永ちっち
本名:不明
年齢:28歳ぐらい
死因:自殺の可能性も
職業:漫画家
補足:X(ツイッター)で滝沢ガレソなどが誹謗中傷を暴露しネットで炎上、多くの批判を受けていた
(3月25日は死去の発表日です)

天児 牛大(あまがつ うしお)
(本名:上島正和)
年齢:74歳
死因:心不全(下咽頭がんだったという情報も)
職業:舞踏家、振付家、演出家
補足:舞踏カンパニー「山海塾」主宰

3月24日

塚本 雄大(つかもと ゆうだい)
年齢:25歳
死因:落馬による怪我
職業:騎手
補足:2016年6月4日に初勝利を挙げ2023年11月12日に通算300勝に到達、地方競馬で通算318勝を挙げていた

3月23日

マウリツィオ・ポリーニ
年齢:82歳
死因:ー
職業:イタリア人ピアニスト
補足:ショパン国際ピアノコンクールにて18歳だった1960年に最年少で優勝、審査員長に「すでにわれわれ審査員の誰よりもうまい」と評された。長年スカラ座で活動し、1958年から2023年2月の最後のリサイタルまで計168回演奏

3月20日

坂本 長利(さかもと ながとし)
年齢:94歳
死因:老衰
職業:俳優
補足:「土佐源氏」を一人芝居で50年以上演じライフワークに。テレビドラマ「Dr.コトー診療所」の村長役

3月18日

篠塚 建次郎(しのづか けんじろう)
年齢:75歳
死因:膵臓(すいぞう)がん
職業:ラリードライバー
補足:自動車のダカールラリー(Dakar Rally)で日本人初の総合優勝を果たした

3月17日

坂間 叶夢(さかま かなむ)
年齢;20歳
死因:自殺の可能性あり(計量に姿を見せず)
職業:プロボクサー
補足:日本ライトフライ級ユース王者

3月14日

寺田 農(てらだ みのり)
年齢:81歳
死因:肺がん
職業:俳優、声優、ナレーター
補足:映画「肉弾」などで知られ、名バイプレーヤーとして活躍。「天空の城ラピュタ」ムスカ大佐役の声優も

長田 奈麻(おさだ なお)
年齢:56歳
死因:ー(病気療養中だった)
職業:女優
補足:「ナイロン100℃」の舞台やCM、映画で振付家としても活動。「劇団かもめんたる」に2018年第6回公演から2022年まで劇団員として活動

3月12日

野村 啓司(のむら けいじ)
年齢:75歳
職業:アナウンサー)
補足:クイズ!!ひらめきパスワードなど。「人生という宝物」のラジオ電話が最後の出演だった

3月10日

いのまたむつみ
本名:猪股 睦弥
年齢:63歳
職業:イラストレーター
補足:「テイルズ オブ」シリーズのキャラクターデザインなどを手がけた

吉江 豊(よしえ ゆたか)
年齢:50歳
死因:動脈硬化の悪化(試合後に体調が急死したが関係ないとのこと)
職業:プロレスラー
補足:1994年に新日本プロレスでデビュー。2003年6月には棚橋弘至と組みIWGPタッグ王座を獲得

3月6日

浅井裕(あさい ゆう)
年齢:不明
死因:交通事故
職業:漫画原作者
補足:死去された浅井裕は漫画家「あさい もとゆき」の妻。2人で浅井裕として活動

五百籏頭 眞(いおきべ まこと)
年齢:80歳
死因:急性大動脈解離
職業:政治学者
補足:災害復興に尽力した政治学者

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました